近所の大学生が漏水を見つけてくれて

ボランティア活動に参加するようになったのは小学校教員を退職し、
空いた時間を近くの病院のお手伝いをするようになってからです。
病院の近所に大学があり、そこの学生もボランティア活動に参加しており、
お互い顔見知りでした。
ある日突然、病院の水道の漏水に気が付き、大学生が機敏に処置をしてくれ、
すぐに漏水は止めることができ、患者さんやお医者さんも安心してくれました。
この経験から多くのことを学び、教訓として新しい患者さんにも話しています。
漏水の原因は患者さんの水道の止め忘れだったからです。
ちょっとした不注意から大きな事故になる場合があり、
漏水を見つけてくれた大学生を例に出して
今後このようなことが起こらないように注意しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です