イベントディスプレイのお手伝いをした

ボランティアに興味があったので、
地域のボランティアサークルに所属をしています。
先日、地域医療を支えている病院で患者さんと病院のスタッフのみなさんが
イベントを行うことになり、より明るく楽しいイベントになるように、
会場となる場所のイベントディスプレイのボランティアに参加しました。
当日は、私たちと数名の病院スタッフの方で準備を行いました。
病院には、重い病気を患っている子供たちも多くいるので、
イベントのときは病気のことを忘れて楽しい時間を過ごすことができるように、
なるべく明るい色を使って楽しくなるようなディスプレイを心掛けました。
2時間程度で準備が終わり、イベントが始まると
子供たちの笑顔をたくさん見ることができました。

近所の大学生が漏水を見つけてくれて

ボランティア活動に参加するようになったのは小学校教員を退職し、
空いた時間を近くの病院のお手伝いをするようになってからです。
病院の近所に大学があり、そこの学生もボランティア活動に参加しており、
お互い顔見知りでした。
ある日突然、病院の水道の漏水に気が付き、大学生が機敏に処置をしてくれ、
すぐに漏水は止めることができ、患者さんやお医者さんも安心してくれました。
この経験から多くのことを学び、教訓として新しい患者さんにも話しています。
漏水の原因は患者さんの水道の止め忘れだったからです。
ちょっとした不注意から大きな事故になる場合があり、
漏水を見つけてくれた大学生を例に出して
今後このようなことが起こらないように注意しています。

キッチンの水漏れトラブルを解消

いつも地域の医療ボランティアの方からお話をいろいろ伺ったり、
手伝いと称していろいろ教えていただいたりとお世話になりっぱなしな私ですが、
先日やっとお役に立てる場面がやってきました。
地域の公民館で会合があったのですが、
どうやらキッチンの水漏れトラブルで準備が進まないとのこと。
実は私かんたんな水漏れくらいなら自分で修理をしたことがあったので、
ちょっと見せていただいて無事修理することが出来たので、
ちょっと胸のつかえがとれましたよ(笑)。

FPGAでSDカードコントローラを試作

大学生のいとこは電子工作が趣味というとんでもないやつです。
医療ボランティアに参加しているのもあり、よく食事にいったり
イベントに参加したりしているのですが、趣味の話になるとさっぱりです(笑)。
私がうといので申し訳ないのですが、彼はサイトをいくつか運営しており
電子工作についてはかなりのボリュームを割いています。
先日サイトをみていたら「FPGAでSDカードコントローラを試作」というタイトルで、
SDカードのことなら少しはわかるかな?と思ったら全然でした(笑)。

SMAPの件と借地相談について

パラリンピックのサポーターになったばかりのSMAPの解散騒動は
本当に驚きましたね。
もともとそんなに仲が良くないといわれていても
さすがにいきなり芸能界から消えて欲しくないですし、
とりあえず9月まではこのままいくんでしょうね。
ついついニュースサイトをみてしまいます。
そんなにファンでもないのですが(笑)。
さて今日は借地の相談があって、弁護士事務所へ行くことになっています。
土地の権利のトラブルって本当に大変です。
スムーズに解決したいです。。。

出張撮影で感動!医療ボランティアの方との連携

仕事に関わっているため、詳細を明かせるのは来年になるのですが、
最近の出張撮影の動向でとても感動する出来事がありました。
情報解禁までもう少しかかりそうなのですが、感動だけは伝えておきたいので、
ぜひまたこのサイトに見に来てくださいね。
ひとつ言えるのは出張先の医療ボランティアの方との連携で、
とあるイベントに参加したのですが、これがとても感動的な内容だったんです。
元気をもらえる内容かと思いますので、興味が湧いた方はぜひ後日!

タブレットスタンド持参で医療ボランティアのいとこを訪問

医療ボランティアに参加している人が親戚にもいるらしいと聞いていましたが、
先日の法事でいとこだということがわかりました。
比較的近くに住んでいるので、一度ご飯でも食べながら情報交換しよう、
とタブレットスタンド持参で、かなり久しぶりにあってきました。
いとこは看護学校を出て、看護師をしていた時期があり、
今は別の職についていますが、医療ボランティアはずっと続けているとのこと。
これからたびたび話を聞こうと思っています。

腎不全の治療の中での人工透析

糖尿病の適切な治療を受けていないと発症から2、30年で
人工透析が必要になる腎不全となるケースが多くあります。
腎不全の治療は初期なら食事制限や投薬で
これ以上悪化しないように続けていくことができますが、
糖尿病から一気に腎不全になると人工透析や移植から戻ることはできません。
医療ボランティアでも糖尿病の治療をすすめることが非常に難しいが事が
課題として大きいと言われます。
人工透析の煩わしさと一度壊れたら治らない怖さを知ってほしいです。

化粧品も服もカラコンも激安で、韓国サイコーだったー!!

先週の話なんだけど、仕入れ旅行という名の遊びで
カラコンが激安な韓国に出掛けてたので、
お土産持っていとこの家に行ってきました。
二つ上のいとこは看護師やってて大きな大学病院で働いてたんだけど、
色々と大変だったみたいで、
地域の保健医療センターみたいな所に転職したんだって。
地域柄なのかお年寄りの患者さんが多くて慣れるまでは苦労したみたいだけど、
転職して良かったって言ってて、楽しそうで私も嬉しかったのでした。

吉祥寺の賃貸マンションは譲れない?

吉祥寺の賃貸マンションに住みたい友人は、
かれこれ条件に合うところを3カ月前から探しています。
本当なら2か月前に転勤先への出社が決まっていたのに、
どうしても妥協したくないようで、今は千葉から吉祥寺へ通っているんです。
よく会社が交通費出してくれますね。
さて、彼女の仕事は地域の保健に関することなので、
お役所の営業時間と近い勤務体系になっています。
だから遠くからも通える時間的余裕があるし、食いっぱぐれもなさそう。
うらやま(笑)。

野球ユニフォームのように作業着を用意したり専用のホームページを持ったりと。

NPOではなく、地域の小さいグループ単位の活動が増えてきているそうです。
SNSなどが普及し、コミュニティを築きやすくなったことも要因としてあるようです。
非公式のグループではありますが、野球ユニフォームのように作業着を用意したり
専用のホームページを持ったりと、公式以上の公式感があるところもあったりし、
いろいろ便利に作りやすくなった現代の傾向を良く表しています。
こういうグループが増えることはいいことで、
消防署や病院が心肺蘇生法の講習を行う時など、
グループ単位で応募があったりしとても講習のしがいがあると聞きます。
一人ではなかなか上がらない意識や
勉強のモチベーションが保てるのもいいですね。

テーブルレンタルは必須

医療ボランティアに参加してからずいぶん経ちますが、
会場の設営などに呼ばれることも多くなりました。
団体の持ち物を利用することも多いのですが、
時には地方でのボランティア活動になることも多く、
現地でレンタルを利用することもしばしば。
特にテーブルのレンタルは必須です。
たまに有料になることもありますが、
大概は地方の町内会などの持ち物をお借りできるので、ほぼ無料で賄えます。
ボランティア活動はみなさんの協力でなりたっているのです。

携帯買取では、動かない携帯も買い取る?

最近は、携帯のレアメタルが鉱山以上の発掘場と注目されていますが、
以前として、否以前以上に携帯回収率は下がっています。
スマホになってから、携帯でできることが増え、
携帯内に膨大なデータが蓄積されるようになりました。
その中には、ゲームなどもありますが、問題になっているのは個人情報。
写真など、ごく私的なもので、まとめてみればどんな人か大体想像がつきますし、
あるいは個人を脅迫する材料にもなりかねないものもあります。
それらをショップや地域事業が「安価もしくは無料で提供してください」
というのも無理な話だと思います。
携帯買取では、動かない携帯も買い取ると謳いますが、
利用用途が不明で怖いです。

私的には憧れの地である横浜の造園業者さんに自分の地元を褒められるとは…!

趣味の爬虫類仲間が地域医療のボランティアをしているので、
この週末はミーティングのお手伝いに行ってきました。
普段あまり関わる事がなかったので知らずにいたのですけど、
かなり本格的な活動内容にびっくりしてしまいました。
ボランティアとは言えプライドを持って活動しているというのが
ミーティング中もひしひしと感じられ、
私の住んでいる地域は良い所だと再認識させて頂いた程。
そういえば横浜の造園業者さんも私の家のある地域は人気があると言ってたな。